テーマ:2018年

11月15日~22日 石垣 与那国

 前回の採集から1か月以上、間が開いてしまった。まあ、秋になって採るものが限られてくるのだからしょうがない。冬になれば本土なら5か月は採集に出られないのだから、1か月くらいの中断はどうってことないはずだ。けれど、なぜだろう?これだけ間が開くとうずうずが止まらなくなる。まだ、今年の採集は終わってないぞ、という気持ちのまま、じっと待…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9月26日~10月3日 石垣 与那国

 この時期、本土の蝶はシーズンオフに近い。でも、八重山は年中無休だ。それに、秋の迷蝶シーズンでもある。たいてい2~3回は秋に八重山に行く。今回も9月の下旬からの日程を決めていた。ところが、出かける1週間ほど前になって台風が発生してしまった。まあ、八重山で台風に合うのは珍しくなく、むしろ台風に関与せずに行って帰ることの方が珍しいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月3日~7日 奄美 鹿児島

 まだまだ暑いとは言え、夏も終わりに近づいてきた。この季節になると、採れる蝶の種類も限定されてくる。でも、八重山に行けば普通に採集できるので、秋には何度か行くことにしている。実際、9月下旬には予定をいれてある。しかし、それまでの間は予定がない。少し間があき過ぎるので、いろいろ考えた末、鹿児島のタイワンツバメシジミを狙ってみること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月22日 本栖湖 所沢

 H本さんが広島から来ると言う。ヤマキチョウ、ホソオチョウ、アカボシゴマダラが採りたいと言う。春にギフチョウを採ったときお世話になったので、なんとか恩返しがしたい。それに、ヤマキチョウは私もずいぶん昔に採ったきりだ。これは私も採りたい。けれど、問題点は山積みだ。まず、ヤマキチョウは最近なかなか採りづらくなってきている。時期的にも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月7日~10日 青森

 北海道に行っているとき、Y口さんから青森に行かないかと誘われた。北海道では狙いのオオゴマシジミが採れず、ガッカリしていたときだったし、次の予定もたってない。二つ返事で同行をOKした。対馬に行って北海道に行って今度は青森。過密日程であるが、まあ、いいか。すぐに八戸行きの新幹線を予約した。けれど、本当なら6時半発に乗りたかったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月1日~3日 北海道

 去年もそうだったのだが、夏には友人と北海道旅行に行くことになっている。だが、1泊2日の後、私は友人たちと別れて、蝶採りにシフトする。けれど、旅行の日程と場所は決まっているので、当然、その後の予定もそのころ狙えるものに絞られる。今回は8月頭からなので、オオゴマシジミをメインターゲットにすることにした。他にもオナガシジミ、ベニヒカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月25日~27日 対馬

 まだ採ってない蝶の一つにキリシマミドリシジミがある。去年、一昨年と2年連続で隠岐で挑戦したのだが、どちらもダメだった。そんなとき、対馬に行ったY口さんがそこでキリシマを採ったと言う。よし、それなら路線変更だ。今年は対馬でキリシマを狙おう。Y口さんからポイントと詳細を聞きだし、バッチリ計画。ここにK目も乗って来た。前日の24日に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7月17日 栃木

 去年も同じところに行った。クロヒカゲモドキを採るためだ。そして、なんとかやっと1つだけ採ることができた。そして、その一つをていねいに展翅して、うまくできたと喜んでいた。が、冬になってその展翅をはずそうとして驚いた。知らないうちに胴体がスカスカになっていたのだ。当然、針を持ち上げようとしたら崩れてしまった。たぶん、ゴキブリに食わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7月13日 本栖湖

 朝、7時にY口さんが我が家まで来てくれる。そこから、本栖湖までは約2時間。自分は助手席で楽ちん。  車を停めて探索開始。狙いはミヤマカラスシジミ。ついでにホシチャバネセセリ。ついでのついででオオウラギンスジヒョウモン。運がよければクロシジミ。  ここのミヤカラはでかいので有名なのだそうだ。実は、私はここでしかミヤカラを採っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月27日~7月4日 与那国 石垣

 今年3度目の八重山だ。最初は低温期型の土着種狙い。2度目は春の迷蝶狙いだったが、3度目の今回は本格的な迷蝶狙いだ。八重山はこの時期梅雨明けで、南からの風が吹き込むことが多い。その風に乗っていろいろな迷蝶がよく入ってくるのだ。たまには西向きの風が入ることもあり、これはもっとたくさんの迷蝶をもたらす。南のときはフィリピンからで、数…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

6月14日~18日 鳥取 隠岐

 6月は採りに行きたいところがいろいろある。あれやこれや考えているうちに、Y口さんが鳥取や隠岐に行くことを聞きつけ、ええい、と丸乗りすることにしてしまった。ツアーには、私がまだ採っていないフジミドリシジミを狙うというものも含まれていたからだ。けれど、そのかわり、飛行機や宿やレンタカーの手配は丸投げされて、私がすることになってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月25日~27日 奈良 三重

 日本産蝶全種制覇達成者はたくさんいる。もちろん、自分で成虫を採った者のことだ。だが、現時点ですでに採ることが不可能なものもいる。種指定で天然記念物になっているものもそうだ。そのようなものは、もし、ネットを持っていたら絶対に採れた、というくらいの観察ができればOKと考えている。もちろん、自分勝手なルールだ。けれど、そうであっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月25日~28日 福井

 蝶屋にとって、春は特別な季節だ。それまで蝶の飛ばない冬という季節を呪いながら、もんもんと過ごしていた何カ月かのあとで、やっとネットを振れる春は、喜びがひとしおなのだ。だが、そのとき飛んでいる蝶の種類は多くはない。越冬開けの蝶はたいてい痛んでいるし、他の季節に採ればいい。多化性の蝶も同様だ。となると、残るはコツバメ、ミヤマセセリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

4月9日~11日 広島

 この話を聞いたのは去年だ。ギフの変異にはいろいろあるが、稀に出る変異の中で、赤紋がずっと上がって矢じり紋までつながってしまうものがあるそうだ。そして、これが、かなりの確率で採れる場所があり、H本さんがその場所を知っていて案内してくれると言う。そんな面白い変異ならぜひ採ってみたい。Y口さんもその話を聞いて同行したいと言ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月30日~4月3日 与那国

 今年2回目の採集だ。この時期は毎年与那国へ行くようになった。狙いはもちろん春の迷蝶だ。いつも3月の下旬になると、与那国にはホリシャルリシジミやタッパンルリシジミが飛来するのだ。時にはサツマシジミが来たり、ヤクシマルリシジミが来たこともあった。なぜか、ルリ系シジミがよく飛来するのだ。それ以外でも、シロオビマダラやコウトウマダラが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月28日~3月4日 波照間 石垣

 長い長いシーズンオフの期間、今年はどこに行こう、何を採ろうと考えるのも楽しいものだが、やはり、実物の蝶を採らないことには気分が盛り上がらない。だから、毎年のことだが、その年初めの採集のときは、いつも以上にわくわく感がある。冬の間に、またちょっと体調を崩したこともあったが、ラッキーなことに出かける1週間ほど前から回復して元気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more