B級蝶屋の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月16日〜20日 石垣

<<   作成日時 : 2019/05/21 21:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 この時期、やはり狙うものが限られている。やはり、ギフを狙うことが多いのだが、八重山に出かけることもある。今回もどうするか悩んでいた。ところが、何気なく旅行パックを眺めていたところ、格安のツアーを見つけた。石垣往復と一流ホテル4泊がついて46000円だと。こりゃ安い。このホテルなら1泊1万以上するし、それだけでも元がとれそうだ。飛行機だってノーマルなら片道で4万以上する。先得使っても、往復3万はくだらない。つまり、安く行っても8万はかかるやつが、さらにその半額くらいになっているのだ。もう、申し込むしかない。この時期だとまだ迷蝶には少し早いが、それでも何か来るときもある。アサヒナキマダラセセリは以前観察しているが、写真が撮れたらなおいい。そういえば、H本さんも同じころ石垣に行くって言ってたな。どうせなら、日程を重ねてやろう。何も成果がなくても楽しく過ごせるだろう。観光だと思えば何も採れなくても問題なしだ。でも、何か採れたらもっといいな。

 16日

 移動日だ。2時過ぎの飛行機に乗るため、家を11時過ぎに出る。ちょっと早いがラウンジでくつろげばいいのだ。
 やはり、空港へは12時半ころについてしまった。ラウンジで昼飯を食べて、のんびりと時間をつぶす。そして、石垣行き直行便に乗る。
 石垣空港には5時20分に着いた。H本さんとS藤さんが1時間ほど前に着いて、近くを一回りしてから迎えに来てくれることになっている。荷物を受け取って、来る前に一服しようと外の喫煙所に向かう。そして、タバコを取り出そうとしたら、あれ?もうH本さんは来ていた。待たせるわけにはいかないので、タバコはお預け。すぐに車に乗り込み、宿へと向かう。
 途中、マックスバリューで飲み物などを買い、今晩の夕飯を食べる予定の岩の場所を教えてから、私の宿に向かう。宿は違うので、後で岩で会うことにして一旦分かれる。
 宿にチェックインして部屋に行くと、お、いい部屋じゃないか。広いツインルームだ。ここには何回も泊っているが、ハイシーズンに一人で申し込んでも、たいていはせまいシングルルームに案内される。それでも1泊朝食で12000円くらいする。たぶん、連休明けで客が少ない時期なので、一人でもいい部屋をあてがってくれたのだろうが、この部屋なら1泊15000円は下らないだろう。通常なら4泊で60000円はするな。
 短パンに着替えて、岩へと向かう。H本さんは一回りしたら暑くて汗をかいたので、シャワーを浴びてから来ると言っていた。もう、腹ペコだったので、先に注文する。
 いつものメニューが出来上がり、先に食べ始めるが、H本さんたちはなかなかやってこない。食べ終わったころ、やっと来た。彼らが食事をしながら蝶談義。翌日の予定も話し合う。私は9時ころのんびりスタートすればいいのだが、彼らは早朝からアタックしたいので、先に少しやってから、9時過ぎに迎えに来てもらうことになった。駐車場が満車になるといけないので、8時過ぎにはお開き。

 17日

 昨日、すんなりと眠りについたためか、5時半に目覚める。早すぎるけど、一度目覚めてしまうと2度寝できないたちなので、諦めて起きる。これなら、一緒に早く出てもいいか、と思ったら、外は雨だった。雷まで鳴っている。こりゃダメだ。朝食の時間まで本を読んだりテレビの大リーグ中継を見たりして過ごす。
 朝飯を食べていると、H本さんから、さすがに雨なので早朝採集は諦めた、9時ころに一緒に行こうと連絡が来た。OKの返事をして、また読書に講じる。
 いつの間にか雨がやんでいた。H本さんから9時前には来るとの連絡が来て、それに合わせて外に出る。迎えに来てくれた車に乗り、さあ出かけようとすると、また雨が降ってきた。ダメじゃん。予定変更で、ゆらてぃく市場に向かう。
 市場でいろいろと眺めて、お勧めは島らっきょうだよなどとアドバイスしながら、時間をつぶす。20分ほどすると雨もやんだので、今度こそ出発することにする。
 H本さんは、やはりアサヒナを観察したいというので、まずは山原橋に行く。けれど、ここは最近あまりよくない。着いてみると以前よりマシになっていたが、やはり花は少ない。花曇り状態で、気温も高く、アサヒナにはいい感じだと思うのだが、全然現れない。シロウラナミシジミは飛んでいたが、この時期に見るのは珍しいなあ、と思ったくらいだ。30分ほどで諦め、場所を変えることにする。
 次に米原のポイントに行くも、草刈りされててまるでダメ。さっさと切り上げて富野のポイントへ。こちらもちょっと雰囲気が変わっていて、広場の端にしかセンダングサがない。以前は広場の中にもセンダングサがパラパラあって、そこにも蝶が飛んできていた。けれど、今回は端のセンダングサにちょっとだけ来ているだけだ。
 ここも諦め、次に真栄里へ行く。ここの奥のパイナップル畑のあたりにはアオタテハモドキが多い。S藤さんが採りたかっていたので、ちょうどいい場所だ。一度、奥の方まで行ってまた戻ってくる。やはり蝶の数は少ないようだ。S藤さんはアオタモをずっと追いかけているので、こちらは車の近くで蝶が飛んでくるのを待つ。ところで、今までの場所にもシロウラナミシジミが目についたのだが、ここにもたくさんいた。ウコンの花が咲くときにたくさん増える蝶だが、今はゲットウが花盛り。どうもこいつを食って増えているらしい。

画像


 ここで昼飯も食べ、かなりの時間を費やしたが、私はウスイロコノマを一つ採っただけだった。そのうち雨がポツポツ落ちてきたので、場所変えする。

画像


 と言っても雨では飛ぶ蝶も少ない。オオシロモンセセリならこの天気でも飛ぶだろうから、そのポイントに行ってみる。とはいえ、端境期だとどうしようもないし、今回はそんな気もするのだが。
 ポイントに着いたときも弱いながらも雨が降っている。でも、この程度ならそんなに濡れないだろう。ネットを濡らしたくないが、眺めていても飛んでくれないので、ロッドの方でゲットウを叩いていく。ここにもシロウラナミがたくさんいるが、オオシロモンは出てきてくれない。目の前に現れたアオタモを一つ確保しただけだ。巣がないかちょっとだけ見てみたが、見つからなかった。真剣には探してないが。

画像


 さらに名蔵のポイントに移動する。ここは前回、前々回と花付きがよく、蝶の数が一番多かったところだ。雨もやんでくれたので、しばらくここで探索する。S藤さんがまだ採ってないというオジロシジミのポイントを教え、いくつか採ってもらう。他にも、普通種は一通り見られるようだが、やはり数は多くない。
 そこから市民の森へ行く。こちらから行くときは、少し道が悪いが裏道を通っていくと早い。走っていくとリュウキュウムラサキが飛んだ。S藤さんが採りたがっている蝶なので、車を停めて採ってもらう。が、なかなかいい所にとまってくれず、なかなか採れない。H本さんも車を降りて探すが、どこかに飛び去ってしまった。仕方ないので車を先に進め、駐車ポイントに車を停めて探索開始。
 私は竹藪のところにトラップを設置する。シロオビヒカゲ狙いだ。設置し終わってさらに探そうとしたら、H本さんが呼んでいる。スマホを落としたそうだ。最後に使ったのは真栄里なので、逆にたどって探しに行くことにする。
 車に乗って、今来た道を戻っていくと、さっきのリュウムラを追いかけた場所にスマホが落ちていた。よかった。すぐ近くだったので、遠くまで戻らずに済んだ。それでもH本さんは時間を無駄にしたことをしきりに恐縮しているし、S藤さんも自分がリュウムラを採りたいと言わなければ、そのような事態にはならなかったと反省している。どちらもそんなこと気にすることないのに。ん?待てよ?そもそも、この裏道へ行こうと私が言わなければ、こんなことは起らなかったのでは?うーん、諸悪の根源は私かもしれない。
 もう一度市民の森に戻って探索開始。けれど、やはり蝶は多くないし、めぼしいものもいない。そのうちまた雨が降ってきた。時間も4時を回っている。もともと私は3時ころにはやめてしまうことが多いので、ここまでやれば十分だ。H本さんとS藤さんは、夕方も頑張るはずだったが、雨なので終了すると言う。
 宿まで送ってもらって別れる。すぐに風呂へ行き、この日は一緒に食事する予定はなかったので、6時過ぎに近くの食事処に行く。そして、のんびり宿でくつろぐ。

 18日

 今日、H本さんたちは西表に行くことになっている。私は体調不良から回復したと思えるものの、まだ船が怖いので石垣を回ることにする。
 レンタカー屋には9時に来てくれと連絡してあったが、7時半ころ、裏に停めておいたという連絡があった。ずいぶん早いなあ。たぶん9時ころは配車で忙しくなるからだろう。
 車は早く準備できはしたが、私は早くから活動する気はない。9時になってからのんびり出発する。今日はいい天気で暑くなりそうだ。
 まず、市民の森へ行って、昨日仕掛けたトラップを見てみる。が、狙いのシロオビヒカゲは入ってない。ウスイロコノマとリュウキュウヒメジャノメ、それに大きな蛾(たぶんトモエガの仲間)が入っているだけだ。
 さっさと諦めて、平野へと向かう。最近、近場の蝶が少ないことが多く、遠い平野まで行ってみることが多い。
しかし、平野に着いても蝶はそれほど多くはない。クロマダラソテツシジミだけがやたらと多い。こいつはどこに行っても多かったが、ここはどこよりも多い。この林道は以前も大発生した大群がいたことがある。道に吸水にきているので、車でかなりの数をひき殺してしまったのではないだろうか。

画像


 しはらく探索したものの、採りたいものが何も現れないので諦めて場所変えする。
 次に伊原間のダムポイントに行ってみるが、ここには蝶が全くいない。いつも普通種ではあるが、マダラ類がたくさん飛んでいるところなのに、今回はマダラがひとつもいない。センダングサに来ているのはキチョウだけだ。これではどうしようもない。昼飯だけ食べて、また移動する。
 山原橋へ行く。昨日来て、道が通りやすかったのをみているので、車で入っていく。そこでしばらく探索する。けれど、やはり何も来ない。
 また移動して名蔵のポイントへ行く。そこもダメ。一か所だけヒメウラナミシジミが群れているところを発見。いつもは特に意識しなくてもあちこちで見かけるものだが、今回は少なくて、S藤さんが採りたいと言っていたので覚えておく。ただ一つ、ヤエヤマイチモンジのきれいなものがいたので、これだけ確保。

画像


 そしてもう飽きた。まだ2時だが、もういいや。宿でのんびりくつろぐことにしよう。
 宿に戻ってテレビで陸上を観戦。リレーが見事前回のリベンジを果たして、今期世界最高タイムで優勝。よしよし。
 5時になって港に出かける。H本さんたちが西表から帰ってくるのだ。彼らを拾って宿に戻り、そこでレンタカーを彼らに渡す。西表から帰って、さらに夕方、石垣を攻めるそうだ。元気あるなあ。私の宿の駐車場を利用すると1000円するのだが、H本さんたちに預けたので払わずに済む。ウインウインだ。
 夕飯はスーパーで買ってきた寿司と納豆とミニトマト。まったりと過ごす。やはりいい部屋だとくつろげるなあ。

 19日

 9時にH本さんたちがやってくる。彼らは朝、山原橋まで行ってきたそうだ。そこからは私の運転で名蔵のポイントへ行く。彼らは昼の飛行機で帰ることになっているので、あと2時間ほどだ。S藤さんにヒメウラナミの場所を教え、しばらくそこで探索する。けれど、蝶の数はなぜか減っている。
 しばらくして、S藤さんを万勢展望台へ連れていく。もしかしたらメスアカムラサキがテリ張りしているかもしれない。けれど、期待のメスアカはいなかった。代わりにリュウムラがいたので、S藤さんはそれを確保。まあ、無駄足にはならなかったか。
 再び名蔵のポイントに戻るが、残っていたH本さんも、何も現れなかったという。リミットは11時半くらいだと言っていたのだが、11時過ぎにはもういいということになった。
 二人を空港へと送っていく。11時40分ころに着いて、そこでお別れだ。私はもう1泊して翌朝の便で帰ることになっている。
 二人を下した後、まずコンビニで昼飯を買い込む。そこから一気に戻って市民の森へ行く。そこで昼食を食べた後、一回りしてみる。
 まずはトラップを回収しなければ。見てみると、ウスイロコノマがいくつかとシロオビヒカゲも1つ入っていた。狙いのやつが入ったなと思ったけれど、残念ながらポロ。すべてをリリースして、トラップに使ったバナナも捨て、回収する。そして、他の場所を見に行く。 
 森のはずれの日当たりの良いところに、前の日に来たとき大きなウラギンシジミが飛んでいた。でも、そのときは遠くて採れなかった。だが、今日は5m竿を持ってきている。今度は採ってやろうと思ったのだが、今度はあの大きなメスが下の方に降りてこない。やっと降りてきたやつはオスだった。まあいいか。採るものが少ないので確保する。

画像


 一回りしたが、やはり蝶は少ない。もう一度、竹藪へ行ってみる。すると、さっき捨てたバナナの上にシロオビヒカゲがとまっていた。捕まえてみると、今度のやつはまあまあの個体。♂だけどいいか。確保しよう。

画像


 そして、ふと見ると、すぐ脇のバナナにバナナセセリの巣があった。H本さんとS藤さんは飼育もするので、そこにいたら教えてあげたのに。昨日、しっかり探しておけばよかったな。

画像


 場所変えして名蔵に行く。しばらく探索したが、やはりダメ。もうどこに行ってもダメか。発生していると思えるマルバネルリマダラも全然見ない。
 最後に猫の島に行ってみる。ここは島の一番南側にあるので、南風のとき、迷蝶は真っ先にこの島にたどりつくはずだ。けれど、センダングサグサはあるものの、いるのはキチョウとクロマダラソテツくらいで、迷蝶の姿はない。日曜だからか、人も多い。海岸沿いは人だらけでBBQも何か所かでやっている。そして、そのせいだろうか、ネコの姿が見えない。少しかまってやろうと思っていたのに、ちょっとがっかり。
 まだ2時過ぎだが、もういいや。宿に戻ることにする。
 夕方まで部屋でくつろぎ、その後車でマックまで行って夕飯のハンバーガーを買ってくる。それに納豆とミニトマトをつければ、十分な量と栄養はある。
 そして、またのんびりと過ごす。この居心地のいい部屋も今晩で最後か。

 20日

 朝起きて、朝食をとり、9時にチェックアウト。空港近くのGSでガソリンを入れようと思ったら、長蛇の列。これじゃ30分は待ちそう。2kmほど引き返して、別のGSでガソリンを入れる。そして空港の駐車場に乗り捨て。料金はまた車のダッシュケースに入れておく。前回もそうだったな。最近、ここの人と顔を合わせてない。変なレンタカー屋だなあ。
 10時半ころの飛行機で羽田へ。家に帰ったのは3時。この時間に帰るとラッシュにもかからず楽だなあ。今回たいした獲物は採れなかったけど、十分堪能できた。
 次回は6月頭の与那国が決定している。だけど、その前にもう一回出かけたいなあ。来週の天気予報しだいで、どこかに行くかもしれないな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月16日〜20日 石垣 B級蝶屋の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる